演習林 > 八ヶ岳・川上演習林 > 利用の誘い

八ヶ岳・川上演習林 利用の誘い

 演習林部門としては、八ヶ岳・川上演習林を森林管理と生物多様性のかかわりについて長期的かつ実験的に研究・観測するサイトとして位置づけています。しかし、利用については分野を問わず幅広く受け入れています。
 八ヶ岳を望む交通の便がよいところに管理拠点を構え、宿泊施設や実験室、セミナー室等を備えていますので、調査、研究(研究実績参照)や実習(教育実績参照)、セミナーや体験教室等(社会貢献実績参照)でのご利用をお待ちしています。

正門前から見る八ヶ岳
正門前から見る八ヶ岳

 1. 八ヶ岳演習林

◎貴重な平地林と中間湿地


自然観察路
自然観察路
中間湿原を通る木道

広葉樹二次林
広葉樹二次林
ヤエガワカンバ、ミズナラ等

サクラソウ
サクラソウ
沢沿いに多くみられます。

◎調査・研究への活用例
 希少植物であるサクラソウの研究フィールドとして活用されてきました。

 2. 川上演習林

◎山地のカラマツ林


水文学的研究
水文学的研究
陸域環境センタ−利用

カラマツ人工林
カラマツ人工林
2林班ほ小班1966年植栽

小型哺乳類の生態調査
小型哺乳類の生態調査
実習も行われています。

◎調査・研究への活用例
巣箱を設置してヤマネなど小型哺乳類の生態調査を行っています。

 3. 共通

◎八ヶ岳・川上演習林の両演習林を活用した観測・調査・研究

 4. 施設・設備

実験棟
実験棟
フィールで採集した試料等の
簡単な処理を行えます。蒸留水、
乾燥機、怦量、顕微鏡等実験
器具あります。

管理棟内(セミナー室)
管理棟内(セミナー室)
30人程度を収容できる
セミナー室があります。
プロジェクター常設しています。

宿泊棟
宿泊棟
調査、研究、実習のために滞在
施設があります。詳しくは
宿泊施設案内をご覧ください。

. 

↑ PAGE TOP