筑波大学山岳科学センター > 演習林 > 地球再生プロ

筑波実験林  八ヶ岳・川上演習林  井川演習林  恵みの森  森の恵み会

地球再生プロ

地球環境再生プログラム(Jalps)とは
文部科学省特別教育研究経費の支援を受けて信州大学・岐阜大学・筑波大学の3大学によって2010年度(平成22年度) に始まった大学間連携事業です。正式名称は「中部山岳地域の環境変動の解明から環境資源再生をめざす大学間連携事業」ですが、 中部山岳地域大学間連携事業とか地球環境再生プロ、あるいはもっと短くJALPSと略して呼ばれます。 計画期間は平成26年度までの5年間で、地球規模の環境変化が中部山岳地域に及ぼす影響を気候や物質循環、生態系などの視点から解明し、地球温暖化への対応策や、生物多様性保全策、防災対策の提言を目指しています。

筑波大学の役割
筑波大学では菅平高原実験センター陸域環境研究センター(現アイソトープ環境動態研究センター環境動態予測部門) ・農林技術センター(演習林部門)の3センターが参画しています。これらのセンターは、信州大学や岐阜大学とともに中部山岳地域にフィールド(研究サイト)を持っているか、継続的な観測・調査を行っています。

農林技術センター演習林部門では、新たに雇用した博士研究員とともに、井川演習林や八ヶ岳演習林で関連のフィールドワークや航空測量を行ったり、フィールドミーティングを開催したりしています。また、既存の気象データなどの公開と共有化に努めるとともに、研究サイトとして活用しやすい管理運営をめざしています。

詳しくは、JALPSのホームページ をご覧ください。

↑ PAGE TOP