遠藤好和技術専門職員が第19回森林管理技術賞を受賞!

2017年9月28日に全国演習林協議会秋季総会が新潟市で行われました.この席で,井川演習林の遠藤好和技術専門職員が第19回森林管理技術賞の技術貢献賞を受賞しました.筑波大学演習林技術職員の受賞は2002年の森林管理技術賞以来で,技術貢献賞では初になります.

全国大学演習林協議会では1998年に大学演習林における技術職員を対象に,教育研究の支援や森林の維持管理への貢献を評価するための表彰制度を制定しています.1999年の第一回目は森林管理技術賞として開始され,後の2011年からは特別功労賞,技術貢献賞,学術貢献賞に細分されました.遠藤好和氏が受賞した技術貢献賞の授与規程には「優れた森林管理技術の開発もしくは普及に多大な貢献をしたもの」とあります.今回は「森林管理における鳥獣害対策と野生動物の保護管理の推進」というテーマでの受賞でした.

遠藤好和氏は一貫して野生動物の保護管理と獣害対策を,現地の実情を綿密に把握した上で,対象とその地域に特化した対策に地道に取り組んできました.特に現在の勤務地である井川演習林とその周辺地域で積極的に取り組んでいる森林におけるシカ害抑制のための事業捕獲を介したシカの密度管理への実践的な提言と実働が高く評価されています.遠藤氏の地に足の着いた取り組みが高く評価されたされたことに感謝するとともに,山岳科学センターをはじめとする筑波大学の技術職員の励みとなれば,こんな嬉しいことはありません.今回はその様子をお知らせします.

総会が始まって諸々と挨拶などのあと,早速と表彰式です.

今回は特別功労賞1名,技術貢献賞3名,学術貢献賞1名の受賞でした.

 

佐藤冬樹全国演習林協議会会長から表彰されました.表彰状を読み上げているところです.

 

いい顔ですね.こちらも嬉しいです.

 

もう一枚.

 

津村義彦演習林総括と記念撮影です.

 

総会が終わった後の懇親会で,受賞者のスピーチが恒例になっています.

本人曰く,緊張したとのこと.よいスピーチでした.

 

改めて遠藤好和さん,おめでとうございます!これからのよりいっそうの活躍を楽しみにしています.

(清野)

カテゴリー: 3 井川演習林, その他 パーマリンク