八ヶ岳森の恵み会で動植物調査を行いました。

本日は一般会員の方8名、新規会員の方1名、学生会員の方1名と教職員3名の総勢13名で恵みの森において、動植物調査を行いました(昨年の様子はこちら)。

動物観察班6名と植物観察班7名に分かれて調査スタートです。


動物調査班は前日に会員さん2名と学生会員1名とで仕掛けたシャーマントラップ40個と遊歩道沿いに架けてある塩ビ管巣箱40個を観察します。

巣箱いっぱいに詰め込まれた青葉を出してみると…

同じく、しばらく前に詰め込まれた青葉が青枯れした巣箱では…

針葉樹のサワラの葉も詰め込まれていました。

そして今日のネズミ第一号は巣箱内で繁殖していたヒメネズミです。産仔数は4頭でした。

シャーマントラップではアカネズミが3頭(♂2頭、♀1頭)入っており、体重測定・雌雄判別の後に放獣しました。

午前中で動物観察は終了し、昼食後に植物観察班に合流しました。

植物観察班の方にも、枯葉巣材と貯食で入れた?実が入っている巣箱を観察していただいたのですが、その巣箱もちょうどヒメネズミが繁殖していて、産仔数は4頭でした。

 

植物調査地に向っている途中でも会員さんから植物に関する質問が相次ぎ、解説を行いながらの移動です。

またまたヒメネズミが巣箱に入っていたので、袋に入れ観察していただきました。

そして調査地に到着し、植物調査の続きを行いました。

直物調査は1㎡の枠内の植物種数とその植物の被覆度をカウントしていきます。

二手に分かれて調査開始し、種名のわからない植物は採集して持ち帰り、図鑑で同定します。

今日は野辺山高原でも蒸し暑く、汗をかきながらの動植物調査でしたが、恵みの森に生息する小動物を観察したり、きれいに咲き誇る様々な花を観察していただき、会員の皆さんが満足そうで何よりでした(八演 杉山)。

カテゴリー: 2 八ヶ岳・川上演習林 パーマリンク