平成28年度(2016年度)

EC12153 生物資源フィールド学実習

春学期AB 1年次対象 (1単位)
金曜日4-5時限 農林技術センター

オフィスアワー・連絡先:
金曜日17:00〜18:00  瀬古澤 由彦  E-mail: yoshihik-sekosawa.ga (at) u.tsukuba.ac.jp

実習担当者:
瀬古澤由彦、菅谷純子、江面 浩、福田直也、有泉 亨、野中聡子、水田大輝、吉田英生、田島淳史、浅野淳之、石川尚人、瀧川具弘、野口良造、上條隆志、津村義彦、門脇正史、川田清和、田村憲司、浅野眞希、丸山幸夫、林 久喜、加藤盛夫、大澤 良、吉岡洋輔、原 尚資、津田麻衣、山岡裕一、岡根 泉、阿部淳一ピーター、石賀康博、戒能洋一、Taylor DeMar(テイラー デマー)、古川誠一、木下奈都子

授業概要

 農林技術センターをフィールドとした実習を通じて、農林業に関わる生産現場での作業体験を行うとともに、関連技術を学ぶ。実習を行う分野は、園芸、畜産、農業機械、作物生産、作物育種、森林管理、病害虫防除であり、いずれも現場における基礎的な作業を行う。

授業形態
 実習・実験・実技

得られる知識・能力
 本実習により、農林業生産現場(フィールド)における作物や樹木に関する基本的知識を習得できる。また、農林業における作業体験をできる。

キーワード
 農林業、生産現場、圃場、林地、農作業体験、農機、病害虫、育種

履修条件

 生物資源学類1年次生に限る。
 学生教育研究災害障害保険(学研災)に加入していること。

授業計画

【春学期AB】
4/15 園芸:果樹の受粉・花卉類の観察
4/22 園芸:果樹園での観察・トマトの播種・管理作業 
5/ 6 畜産・農機:牛の見方・農業機械T
5/13 畜産・農機:牛の見方・農業機械U 
5/20 森林・土壌:森林利用における植物と土壌T
5/27 森林・土壌:森林利用における植物と土壌U
6/ 3 作物・育種:水稲移植・畑作物の播種
6/10 作物・育種:水稲移植・畑作物の播種
6/17 植物病理・応用動物:フィールドにおける病害虫の観察T
6/24 植物病理・応用動物:フィールドにおける病害虫の観察U

成績評価方法

 各分野において出される課題によって評価する。成績は、合否の判定となる。

教科書

 特に定めない。毎回必要に応じて資料を配布する。

参考書

 特に指定しない。

備考

  • 本実習での服装について、基本的に、ゴム長靴、長袖・長ズボン、かつ運動のできる服(ジャージ等)を着用。晴天の場合は帽子などの日よけ対策、雨天の場合は雨具等を準備すること。また、作業によっては、農作業用の手袋の着用をお薦めします。
  • 実習時の集合場所は、基本的には農林技術センターとします。ただし、実習内容に合わせて変更する場合には、別途連絡します。

トップページへ戻る