筑波大学農林技術センター


Agricultural and Forestry Research Center

  過去の地域交流・普及(26年度) | 過去の地域交流・普及(平成22年度〜25年度)

タイトルに[pdf]をあるものの閲覧につきましてはAdobe reader(acrobat reader)が必要となります。

区分:シンポジウム
日 時 : 2010年3月24日(水) 15:00〜17:00
懇親会:本部棟食堂15:30〜(要事前連絡:tsukuba_uchimoko@yahoo.co.jp)
場 所 : 総合研究棟A110教室
対象者:

内容 :











どなたでも参加して頂けます。

1)シン旗 所長(内蒙古草原勘察設計院)
  内蒙古草原について(歴史、現状と問題)
2)高娃副 研究員(内蒙古草原勘察設計院)
  内蒙古草原二十年間(1983ー2003)の変化
3)烏恩 副教授(内蒙古農業大学生態環境学院)
  内蒙古草原-問題と対策
4)阿拉塔 センター長(内蒙古畜牧科学院草原研究所四子王実験センター)
  内蒙古における草地造成による草原管理
5)阿拉騰達来 所長(内蒙古農牧業科学院先端技術研究所)
  内蒙古全域の家畜飼育と草の栄養
6)甘利雅拡 主任研究院(畜産草地研究所畜産研究支援センター)
  近赤外線分析・葉緑素分析を応用した内蒙古草原の草、土および家畜研究
詳細情報はpdfファイルをご覧下さい。 シンポジウムポスター
区分:研究会
第10回ソバ研究会 [pdf]終了しました
品種を活用した新たなソバ生産への取り組み
 → 「第10回ソバ研究会」開催報告
日 時 : 2010年3月13日(土) 13:30〜17:00
場 所 : つくば国際会議場(エポカルつくば 2F中ホール200)
募集人数:

講習料 :
内 容 :







200名(申し込み順に参加受付を行います。定員に達しましたらご参加いただけませんので
ご了承ください。)
2,000円(参加費は会場費等に使用いたします。)
1)九州沖縄地域におけるソバの産地化と新品種の活用
  九州沖縄農業研究センター  原 貴洋
2)新品種会津のかおりを用いた産地活性化
  福島県南会津農林事務所  渡部 隆
3)常陸秋そばを用いた新たな作期作型の導入による産地活性化
  茨城県農業総合センター  松浦和哉
4)第1回世界ソバスプラウトシンポジウム開催報告
  筑波大学大学院生命環境科学研究科  林 久喜
詳細情報はpdfファイルをご覧下さい。
区分:公開講座
自家製チーズを楽しむ @ A B C 終了しました
・内容は4回とも同様のコースです。今年度は4回開催します。
日 時 : @ 2009年  9月26日(土)〜  9月27日(日) 10:00〜17:00 (2日間・12H )
A 2009年10月24日(土)〜10月25日(日) 10:00〜17:00 (2日間・12H )
B 2009年11月21日(土)〜11月22日(日) 10:00〜17:00 (2日間・12H )
C 2009年12月19日(土)〜12月20日(日) 10:00〜17:00 (2日間・12H )
場 所 : 農林技術センター
募集人数:
講習料 :
内 容 :



各16名
7,300円(別途、材料費必要)
本格的なナチュラルチーズを自宅で作る方法を習得します。日本では困難だと思われ、ほとんどやられていない自家製チーズ作り ですが、ちょっとした工夫と手間・暇をかければ驚くほど手軽にできるのです。自分で作り・育てた世界に一つの格別なチーズを 味わいながら、家族や仲間とちょぴり洒落たスローライフを演出してみてはいかがでしょう。
講座内容・申し込みは、平成21年度筑波大学公開講座 教養講座 をご覧ください。(詳しくはこちら)
区分:国際シンポジウム
日 時 : 2009年9月7日〜9日
場 所 : Bokwang Phoenix Park Hotel, Bongpyoung town, Pyoungchang County, Gangwon Province, Korea
詳細情報はpdfファイルをご覧下さい。
区分:公開講座
日 時 : 2009年7月18日(土)・25日(土)・26日(日) 10:00〜17:00 (3日間・18H)
場 所 : 農林技術センター
受講資格:
募集人数:
講習料:
内 容 :


現職の教員、およびこれから教員を目指す方
6名
無料(別途、材料費3000円)
7月18日(土) ミルクとの出会い
7月25日(土) チーズを造る1
7月26日(日) チーズを造る2
詳細・申し込みは、pdfファイルをご覧ください。
区分:講演会
2009生態工学会年次大会[pdf] 終了しました
生態工学会年次大会「農林技術センター見学」報告は→ こちら
日 時 : 2009年6月19日(金)・20日(土)9:00〜17:00
場 所 : 筑波大学(大学会館[国際会議室・特別会議室・多目的ホール]・農林技術センター)
農林技術センター見学時間は
6月19日(金) 15:10〜16:10
6月20日(土) 14:00〜16:00
詳細は、年会HPをご覧ください。 タイムスケジュールは→ こちら
日 時 : 2009年5月8日 14:00〜17:00
場 所 : 日本学術会議5階会議室
プログラム



1)大学附属農場の食育の現状
 中司敬(九州大学大学院 教授、全国大学附属農場協議会 副会長)
2)大学附属農場における総合的な食育活動
 −大学サポーターとの連携による活動の発展を目指して−[pdf]
 林久喜(筑波大学 准教授、農林技術センター)
3)大学附属農場における特色ある食育活動 −宇都宮農学校と食農関連人材養成プログラム−
 居城幸夫(宇都宮大学 教授、農学部附属農場)
 戸室憲男(宇都宮大学 特任研究員、生涯学習教育研究センター)
4)欧米の食育事情 −ドイツの食育−
 Andreas Kasjan(九州大学大学院 准教授、言語文化研究院)
5)アジアの大学の食育事情 −タイの大学の食育事情−
 高垣美智子(千葉大学大学院 教授、日本学術会議連携会員)
6)マスコミからみた大学、附属農場の食育の現状と期待する役割
 松元浩一((株)小学館 編集長、情報誌局戦略室)
 パネルディスカッション
詳細情報はpdfファイルをご覧下さい。
区分:科学技術週間一般公開
食と緑の体験教室[pdf] 終了しました
 「食と緑の体験教室および農産物販売」の報告は→ こちら
 実施要領と申し込み手順について→pdfファイル

日 時 : 2009年4月18日 9:00〜16:00
場 所 : 筑波大学農林技術センター
体験教室:   1.十割そばで知るソバ品種の食味(成人一般対象、48名)
 参加者が4品種のそば粉から十割そばを作って食べ比べをすることでソバ品種 の食味の違いを体験します。

  2.植物を育てる液肥を作ってみよう(小学生高学年以上、16名)
 植物は土を用いずに養分を適正に供給して栽培することが可能です。 養液栽培のための肥料(液肥)を作って植物栄養について学びます。

  3.牛乳とたまごができるまで(小学生高学年以上対象、20名)
 乳牛とニワトリとふれあいながら、牛乳と卵ができるまでを学びます。

  4.農作業を自動で行うトラクタの秘密(小学生以上)
 エンジンのしくみからトラクタの自動化まで、農業に使われる機械について学びます。

  5.みじかな木の実で炭を作ろう(小学生以上対象、30名)
 飾りになる「木の実炭」を作って、炭焼きの原理を学びます。

展示・見学
農林技術センターの研究・活動内容をパネルで紹介します。大型トラクタやコン バインなどの農業機械もご覧いただけます。
農産物販売
農林技術センターで生産したそば粉、さつまいも(ベニアズマ、パープルスイー トロード)、ミニトマト、茎ブロッコリー、葉菜類のほか、農林技術センター産 生乳で作ったアイスクリームを販売します。
詳細情報はpdfファイルをご覧下さい。 1,2,3については事前申込みが必要です。
区分:講演会
日本のサクラ[pdf] 終了しました

日 時 :2009年3月3日 14:00〜
場 所 :筑波大学第二エリア生物農林学系棟A106
講 師 :
財団法人旭川市公園緑地協会 緑のセンター 緑の相談所
 石川 敏雄 相談員

詳細情報はpdfファイルをご覧下さい。
区分:研究会
第9回 ソバ研究会[pdf] 終了しました

日 時 :2009年2月28日 12:00〜17:00
場 所 :つくば国際会議場 エポカルつくば 3階中ホール300
内 容 : 展示:12:00〜13:30、16:30〜17:00
講演:13:30〜16:30
   そばの成分−ミネラルを中心として−
    (独)農業・食品産業技術総合研究機構食品総合研究所 進藤久美子 主任研究員
   そばのおいしさをどう測るか
    長野県工業技術総合センター  大日方 洋 部長
   国民の盛衰は「食べ方」にあり
    宮城大学食産業学部       鈴木 建夫 教授
詳細情報はpdfファイルをご覧下さい。
区分:講演会

日 時 :2009年2月16日 13:30〜16:20
場 所 :サンレイクかすや音楽室 (粕屋町駕与丁1-6-1)
内 容 : 開会(主催者挨拶) 九州大学農学部附属農場長
 講演(敬称略)
 1.「ハイテク蕎麦 雑穀文化の地域貢献」
  林 久喜 筑波大学大学院生命環境科学研究科 准教授
 2.「日本の田舎町徳島県神山町住民による手作りの国際的アート・プログラム10年が
       もたらしたもの」

  中原 亨 神山アーティスト・イン・レジデンス実行委員会、NPO法人グリーンバレー
 3.「包装と情報コミュニケーション技術(ICT)からブランドを考える」
  劉 蛟竜 東海ソフト株式会社

 休憩 CD演奏「植物文様」より 作曲 藤枝 守 九州大学大学院芸術工学研究院教授

 4.「東京農工大学 食農ゼミ ブランド農産物の創出活動
       − 学生による干し柿、トマトソースの製造技術の開発と販売」

  報告 島崎貴美子・高木加奈子 東京農工大学農学部学生
 5.「地域との連携による九州大学ブランド はかた地どりソーセージ開発の経緯」
  岡野 香  元九州大学大学院農学研究院 准教授

 ディスカッション 「大学と地域で築く本物のブランド化とは何か − その視点と連携活動」
    司 会;  中司 敬 九州大学大学院農学研究院 教授
    パネル; 各講師・報告者
          知足美加子 九州大学大学院芸術工学研究院 助教
詳細情報はpdfファイルをご覧下さい。
区分:討論会
第12回 アマランス・キノアシンポジウム[pdf] 終了しました

日 時 :2008年12月12日(金) 13:00〜17:00
場 所 :つくば市観音台3-1-1
農研機構つくばリサーチギャラリー オリエンテーションルーム
アクセス:つくばエクスプレス「みどりの」駅より関東鉄道バス「農林団地」行き 「農林団地中央」下車。 下記をご参照下さい。(リサーチギャラリーは中央農業総合研究センターに付設 しています)http://www.naro.affrc.go.jp/top/annai.html
申し込みは、こちらの用紙をダウンロード後、 FAX(029-838-8475)、または電子メール(naokio@affrc.go.jp)あてに、12月3日(水)までに送信下さい。
区分:公開講座
自家製チーズを楽しむ @ A B 終了しました

日 時 :@ 2008年9月27日(土)〜9月28日(日)
日 時 :A 2008年10月25日(土)〜10月26日(日)
日 時 :B 2008年11月29日(土)〜11月30日(日)
場 所 :農林技術センター
講座内容・申し込みは、平成20年度筑波大学公開講座 教養講座 をご覧ください。(詳しくはこちら)
区分:展示会

日 時 :2008年4月19日(土)〜4月29日(火)
場 所 :つくば植物園(詳しくはこちら)
セミナー「さくらそうとその仲間たち〜新品種を作る〜」
日 時 :2008年4月26日(土) 13:30〜15:00
講 師 :三位正洋(千葉大学教授)
 電話による事前申込みが必要です。TEL:029-851-5159
展示案内(解説しながら展示会場を案内します)
日 時 :2008年4月20日(日) 13:30〜14:30
講 師 :大澤 良(筑波大学准教授)
日 時 :2008年4月26日(土) 15:00〜16:00
講 師 :加藤 淳太郎(愛知教育大学准教授)
日 時 :2008年4月27日(日) 13:30〜14:30
講 師 :半田 高(筑波大学准教授)
区分:研究会
第8回ソバ研究会 [pdf] 終了しました

日 時 :2008年2月16日(土) 12:00〜17:00
場 所 :つくば国際会議場、エポカルつくば 2階中ホール200 (詳しくはこちら)
 茨城県つくば市竹園2-20-3 TEL:029-861-0001
 (つくばエクスプレス終点「つくば駅」より 徒歩10分)
内 容 :話題提供 13:00〜16:00
展示(ポスター、製品、産物など) 12:00〜13:00、16:00〜17:00
参加費 :1人2,000円(参加費は会場費に使用します)
参加定員:180名
(定員に達しましたらご参加いただけませんのでご了承ください。)
メールによる事前申し込みが必要です。 〆切 2月9日(土)
申込内容:氏名、勤務先、所属、役職、郵便番号、住所、電話番号およびメールアドレス
並びに懇親会(カーサエポカルつくば店、3、000 円)参加の有無
展示受付:ポスターや製品、産物などの展示を受けつけます。
展示パネル(提示面積W100 xH210cm )またはテーブル(180x70cm)を使用
実費(パネル1000 円、机600 円)を負担していただきます。
申込先:筑波大学農林技術センター地域交流普及班
E-mail : soba@nourin.tsukuba.ac.jp, Fax : 029 - 853 - 6205
区分:展示会

日 時 :2007年4月21日(土)〜4月30日(月)
場 所 :つくば植物園(詳しくはこちら)
セミナー「サクラソウの科学の今:進化と保全の視点から」
日 時 :2007年4月21日(土) 14:30〜16:00
講 師 :鷲谷いずみ(東京大学教授)
 電話による事前申込みが必要です。TEL:029-851-5159
展示案内(研究成果を説明しながらサクラソウ展を案内します)
日 時 :2007年4月22日(日) 14:00〜15:00
講 師 :大澤 良(筑波大学准教授)
日 時 :2007年4月28日(土) 14:00〜15:00
講 師 :半田 高(筑波大学准教授)


Copyright © 2005-2012 Agricultural and Forestry Research Center, University of Tsukuba. All Rights Reserved.