筑波大学農林技術センター


Agricultural and Forestry Research Center
         地域交流・普及のページ  過去の地域交流・普及(平成19年度〜21年度)

タイトルに[pdf]をあるものの閲覧につきましてはAdobe reader(acrobat reader)が必要となります。

区分:研究会
第13回ソバ研究会 [pdf]
ソバはいつどこから来たのだろうか
日 時 : 2013年2月16日(土) 13:00〜17:00
場 所 : 筑波大学春日エリア、春日講堂
(つくばエクスプレス終点「つくば駅」より 徒歩5分)
参加定員:


参加費 :

内 容 :








参加申込み

参加要領 :





申込先 :
200名(申し込み順に参加受付を行います。定員に達しましたらご参加いただけませんのでご了承ください。)

無料

1)擬穀類の民族植物学への誘い
  東京農業大学教授・大阪府立大学名誉教授 山口裕文氏
2)集団遺伝学的解析から日本におけるソバの伝播を探る
  筑波大学生命環境エリア支援室 原 尚資氏
3)植物遺体からソバの歴史を探る
  元北海道開拓記念館学芸部長 山田悟郎氏

討  議
展  示(13:00〜17:00)
必要

・本研究会に参加を希望される方は、「氏名、勤務先、所属、役職、郵便番号、住所および電話番号、メールアドレス並びに懇親会(筑波大学春日エリア食堂、4,000円)参加の有無」2月9日(土)までに下記へ電子メールで連絡してください。
・当日はポスターや製品、産物などの展示を受けつけます。希望者は事務局まで参加登録時に展示内容について連絡して下さい。

筑波大学農林技術センター 地域交流普及班 E-mail:soba@nourin.tsukuba.ac.jp
詳細情報はpdfファイルをご覧下さい。
区分:展示会
日 時 : 2012年4月21日(土)〜4月30日(月・祝) ※会期中休園なし
場 所 : 筑波実験植物園(詳しくはこちら)
展示案内 ※専門家と会場をまわります(予約不要) 各日とも 13:30〜14:30
日 時   
講 師 :
2012年4月21日(土)     大澤 良(筑波大学)
2012年4月22日(日)     半田 高(明治大学)
2012年4月30日(月・祝)  水田大輝(筑波大学)
セミナー「サクラソウなどの園芸植物の花の色の多様性」(予約不要)
日 時 : 2012年4月28日(土) 13:30〜15:30
講 師 : 岩科 司(筑波実験植物園長)
区分:科学技術週間
平成24年度科学技術週間
食と緑のおやこ体験教室 [pdf] 終了しました

 ・体験教室への参加には事前申込みをおこなってください。
  受講は先着順となりますので、お早めにお申し込みください。
  受講決定者には受講決定通知および会場案内等を送付します。

日 時 : 2012年4月21日(土)9:00〜17:00  参加費無料
場 所 : 筑波大学農林技術センター(「身近なモノから炭を作ろう」は筑波実験林)
体験教室:   1.そばの秘密、十割そばを作ってみよう(小学3年生以上の子供とその保護者、各回12家族)
 第1回 9:00〜11:30 第2回 13:30〜16:00
 親子で十割そばを作って試食し、そばについて学びます。

  2.押し花のしおりを作ってみよう(小学3年生以上の子供とその保護者、各回5家族)
 第1回 9:00〜11:30 第2回 13:30〜16:00
 親子で押し花のしおりを作り、花の色について学びます。

  3.ウシとニワトリの秘密(小学3年生以上の子供とその保護者、15名)
 10:00〜17:00
 親子でウシとニワトリにふれ、牛乳と卵の秘密に迫ります。

  4.自動トラクタの秘密(小学生以上、30名)
 第1回 9:00〜11:30 第2回 13:30〜16:00
 農業機械に乗ったり農作業体験をしたり、自動で動くトラクタの秘密にせまります。

  5.身近なモノから炭を作ろう(小学生以上、20名)
 第1回 9:00〜11:30 第2回 13:30〜16:00
 身近なモノから炭を作り、炭を作る科学を学びます。

  6.農産物販売
 10:00〜(なくなり次第終了)
 農林技術センターで生産された農産物を販売します。
 ・食と緑のおやこ体験教室 ポスター[PDF]
区分:研究会
第12回ソバ研究会 [pdf] 終了しました
ソバを活用した地域再生
日 時 : 2012年3月3日(土) 13:00〜17:00
場 所 : 筑波大学春日エリア、春日講堂(昨年までと会場が違います)
(つくばエクスプレス終点「つくば駅」より 徒歩5分)
参加定員:


参加費 :

内 容 :
200名(申し込み順に参加受付を行います。定員に達しましたらご参加いただけませんのでご了承ください。)

無料

1)6次産業化と地域再生をつなぐ            千葉大学大学院教授 斎藤 修
2)おっこと亭を核とした地域活性化の歴史と今後  そば処おっこと亭支配人 雨宮光男
3)会津ソバトピア構想と広域地域振興         うつくしま蕎麦王国協議会会長 唐橋 宏
4)地域資源を活かした農村振興            筑波大学名誉教授 永木正和

討  議
展  示(13:00〜17:00)
詳細情報はpdfファイルをご覧下さい。
区分:公開講座
平成23年度筑波大学重点公開講座
食と緑のおやこ体験教室 終了しました

 ・体験教室は、すべて事前申込みが必要です。
  抽選後、受講者を決定し通知および会場案内等を送付します。抽選に漏れた方についてもご連絡します。
 ・各コースの詳細情報
 申し込み期限:10月6日(木)15:00 → 締め切りました。

日 時 : 2011年10月8日(土)・10日(祝) 9:00〜16:00  参加費無料
場 所 : 筑波大学農林技術センター(「炭焼き体験教室」は筑波実験林)
10月8日(土)
体験教室:
  1.親と子のそば教室(小学3年生以上の子供とその保護者、各回12家族)
 第1回 9:00〜11:30(締切) 第2回 13:30〜16:00(締切)
 親子で十割そばを作って試食し、そばについて学びます。

  2.親と子の花教室(小学3年生以上の子供とその保護者、各回5家族)
 第1回 9:00〜11:30 第2回 13:30〜16:00
 親子で押し花のしおりを作り、花の色について学びます。

  3.親と子の牧場教室(小学3年生以上の子供とその保護者、10家族)
 9:00〜17:00(締切)
 親子で牛乳と卵について学びます。

  4.自動トラクタの秘密(小学生以上、各回15名)
 第1回 9:00〜11:30 第2回 13:30〜16:00
 自動で動くトラクタの秘密にせまります。

  5.炭焼き体験教室(小学生以上、20名)
 9:00〜16:00
 木の実で飾りとなる炭を作り、炭焼きの原理を学びます。
10月10日(祝)
体験教室:
  6.親と子のお米教室(小学3年生以上の子供とその保護者、各回10家族)
 第1回 9:00〜11:30 第2回 13:30〜16:00
 親子でお米について学びます。

  7.親と子の野菜教室(小学3年生以上の子供とその保護者、各回10家族)
 第1回 9:30〜12:00 第2回 13:30〜16:00
 親子で野菜について学びます。

  8.親と子の果樹教室(小学3年生以上の子供とその保護者、各回10家族)
 第1回 9:00〜11:30(締切) 第2回 13:30〜16:00(締切)
 親子で果樹について学びます。

  9.親と子のフィールドツアー(小学3年生以上の子供とその保護者、各回10家族)
 第1回 9:00〜11:30 第2回 13:30〜16:00
 親子で農林技術センターの農場を探検します。

 ・食と緑のおやこ体験教室 ちらし[PDF]
 ・Extension Course Flyer[PDF]
 ・食と緑のおやこ体験教室 ポスター[PDF]
 ※10/8〜10 筑波大学学園祭(雙峰祭)を開催しております。
区分:展示会
日 時 : 2011年4月16日(土)〜4月24日(日) 休園日:4月18日(月)
場 所 : 筑波実験植物園(詳しくはこちら)
展示案内(解説しながら展示会場を案内します)
日 時 : 2011年4月16日(土) 13:30〜14:30
講 師 : 加藤淳太郎(愛知教育大学)
日 時 : 2011年4月23日(土) 13:30〜14:30
講 師 : 大澤 良(筑波大学)
日 時 : 2011年4月24日(日) 13:30〜14:30
講 師 : 半田 高(明治大学)
セミナー「プリムラとツツジに見る園芸植物の多彩化」
日 時 : 2011年4月17日(日) 13:30〜15:30
講 師 : 水田大輝(筑波大学)
サクラソウの有償頒布(なくなり次第終了)
区分:科学技術週間一般公開
食と緑の体験教室中止になりました
日 時 : 2011年4月23日 9:00〜16:00
場 所 : 筑波大学農林技術センター(イベント5は筑波実験林)
体験教室:   1.そばの秘密、十割そばを作ってみよう(小学3年生以上の子供とその父兄、24組48名)
 親子で十割そばを作って試食し、そばについて学びます。。

  2.押し花のしおりを作ってみよう(小学3年生以上の子供とその父兄、10組20名)
 親子で押し花のしおりを作り、花の色について学びます。

  3.牛乳とたまごができるまで(小学生高学年以上とその父兄対象、5組10名)
 親子で牛乳と卵について学びます。

  4.農作業を自動で行うトラクタの秘密(小学生以上)
 自動で動くトラクタの秘密にせまります。

  5.みじかな木の実で炭を作ろう(小学生以上、30名)
 木の実で飾りとなる炭を作り、炭焼きの原理を学びます。

展示・見学
農林技術センターの研究・活動内容をパネルで紹介します。大型トラクタやコン バインなどの農業機械もご覧いただけます。
農産物販売
農林技術センターで生産された農産物を販売します。
区分:研究会
第11回ソバ研究会 [pdf]終了しました
激変する中国のソバ事情にいかに対応するか
日 時 : 2011年2月26日(土) 13:00〜17:00
場 所 : つくば国際会議場(エポカルつくば 3F中ホール300)
参加可能人数:


参加費 :

内 容 :
200名(申し込み順に参加受付を行います。定員に達しましたらご参加いただけませんのでご了承ください。)

2,000円(参加費は会場費等に使用いたします。)

1)中国の穀物の生産・流通について
  筑波大学大学院生命環境科学研究科    徳永澄憲
2)アメリカにおける穀物の生産と流通:メジャークロップとマイナークロップ
  アメリカ穀物協会            浜本哲郎
3)蕎麦原料の流通について
  株式会社三忠              國島 進
4)第11回世界ソバシンポジウム開催報告
  食品総合研究所             藤田かおり

展示
詳細情報はpdfファイルをご覧下さい。
区分:国際シンポジウム
第11回 世界ソバシンポジウム [pdf]終了しました

日 時 : 2010年7月19日〜23日
場 所 : The All-Russia Research Institute of Legumes and Groat Crops Orel, RUSSIA
詳細情報はpdfファイルをご覧下さい。 ホームページは→ こちら
区分:科学技術週間一般公開
食と緑の体験教室[pdf]終了しました
お申し込みフォーム WORD版  お申し込みフォームPDF版

日 時 : 2010年4月17日 9:00〜16:00
場 所 : 筑波大学農林技術センター(イベント5は筑波実験林)
体験教室:   1.十割そばで知るソバ品種の食味(成人一般対象、48名)
 参加者が4品種のそば粉から十割そばを作って食べ比べをすることでソバ品種 の食味の違いを体験します。

  2.果樹の花に受粉をしてみよう(小学生以上対象、20名)
 果樹の花に受粉をして、果実のなる仕組みを学びます。

  3.牛乳とたまごができるまで(小学生高学年以上とその父兄対象、20名)
 乳牛とニワトリとふれあいながら、牛乳と卵ができるまでを学びます。

  4.農作業を自動で行うトラクタの秘密(対象は特になし)
 エンジンのしくみからトラクタの自動化まで、農業に使われる機械について学びます。

  5.みじかな木の実で炭を作ろう(小学生対象、30名)
 飾りになる「木の実炭」を作って、炭焼きの原理を学びます。

展示・見学
農林技術センターの研究・活動内容をパネルで紹介します。大型トラクタやコン バインなどの農業機械もご覧いただけます。
農産物販売
農林技術センターで生産したミニトマト、茎ブロッコリーなどの野菜を販売します。
詳細情報はpdfファイルをご覧下さい。 1,2,3については事前申込みが必要です。
ポスターは → こちら


Copyright © 2005-2013 Agricultural and Forestry Research Center, University of Tsukuba. All Rights Reserved.